MINATECはグルノーブル市街地に位置し、パリ首都圏に次ぐフランス最大の公的研究拠点として、合計21 000の研究職を創出しています。

Minatec Video Mini Player

Get Adobe Flash player

イノベェーション・キャンパスには、基礎研究所(INAC & FMNT)と同時に、最大級の応用技術開発を手掛ける研究所(LETI)が存在します。また、MINATECはInstitut Louis Néel、RTRAとも隣接しています。

こうした一貫性のある横断的研究拠点では、研究グループ間に緻密な連携が生まれ、また研究ツールの共用・相互扶助により、お互いの研究評価の交流にも繋がり、非常に有効な運営実績を生み出しています。例えば、LETIの科学技術チーム、スピントロニクスの専門家、ベンチャー企業であるCrocus Technologyの研究者達の共同作業により、MRAMメモリー開発等異なる技術分野の横断的研究により、新たな複合プロジェクトが創出されています。


また、こうした機動力は、専門の研究チームと最先端設備を集積した研究拠点が存在することで生まれています。そして、基礎研究から工業製品の開発に至るまで、様々な需要と開発業務に携わっています。


さらなる利点として、MINATECが拠点を構える科学都市には、フランス原子力庁(CEA)、国立科学技術センター(CNRS)といった大規模な国立研究所が存在し、且つESRF (European Radiation Synchrotron Facility)、ILL (Institut Laue Langevin)、EMBL (European Molecular Biology Laboratory)といった大型国際研究施設も誘致されています。

minatec tv